消費者金融一覧

審査

キャッシング審査基準

消費者金融や金融会社で融資を受けるためには、まず借入審査に通らなければなりません。審査に通るためには、第一に定職に就いて一定の収入があること。次に現在の借金総額が年収の三分の一を超えていないことが重要なポイントとなってきます。

絶対借りれる

収入の無い無職や専業主婦、あるいは総量規制対象者などはこの時点で審査で落とされてしまいます。

確実に審査に通るためには、自分の背丈に合ったキャッシングローン会社を選ぶことです。基本的に借り入れ件数が3件以内であれば、大手消費者金融でキャッシング可能です。もちろん、信用情報機関などのブラック情報に掲載されていないことが条件です。

0

過去5年以内に自己破産や債務整理をしていた場合、信用情報機関に事故情報として登録されていますので、こういった人はどの金融業者からも借入することが不可能です。

借り入れ件数が4件未満であれば、準大手や中小の消費者金融一覧で借りれます。誰しも金利が低いサラ金業者で借りたいと考えるのが通常ですが、大手は低金利のフリーローンが完備していますが、審査が甘い中小の消費者金融は金利が少し高めに設定されています。

審査の甘い消費者金融

0

借り入れ審査を甘くすると、その分金融業者にもリスクが高くなりますので、金利を上乗せするのは当然のことなので我慢する以外にないでしょう。ただ、上限金利は18.0%と法律で決められていますので、それ以上の利息は支払う必要はありません。もしも法定金利以上の利息を取るような業者があれば、金融庁なりに通報しましょう。

前述したように一定の収入の無い無職者は、いくら審査が甘いサラリーマン金融でも審査に通ることは不可能です。同様に専業主婦も無職者扱いとなってしまうため、お金を借りることは出来ません。但し、旦那の承諾書があれば審査に通りますので、どうしてもお金が必要な場合は承諾書にサインをしてもらいましょう。そうすれば、専業主婦でもキャッシング可能です。

0

上手なキャッシングの方法は、消費者金融一覧表から自分に合った借入先を選択することです。少しでも金利が低くて即日融資が可能であることなどが選択項目です。さらに、一定期間利息が不要な無利息ローンや、債務を一本化できるおまとめローンンなどの金融商品が充実していることに越したことはありません。誰しも借金生活をしたくてしているのではないでしょう。

借金生活から脱却するためには、債務を一本化して借入件数を減らしていくことです。借入件数が減っていけば毎月の金利も少なくなっていきますので、元金に充当できる支払いも増えていきます。

消費者金融審査

最終更新日 2016/8/27